« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

追記2:韓国日記一日目

最早記憶が薄れた頃にヒィヒィ言いながらの韓国旅行日記ですKですこんばんは。
だから何で私はメモも取らずに旅行してたんだよ!
(答え:食べるのに必死だったから


スーパーボールみたいに人間が跳ねるバスを降りたKさん一家。
姉が日本で買ったガイドブックを片手に、さぁどこへ行こうか?と言う話になったのですが、ここで重大な問題が発生します。
ガイドブックは日本で買ったので、勿論目印のビル等も日本語で表記してあります。
しかしここは韓国です、総てはハングル表記です。
「(ガイドブックが)ハングルじゃないから物凄く見辛くて解らん」



命綱がまさかのリタイア宣言。



「何でハングル表記じゃないの!」とガイドブックにキレる有様。
そんな無茶を言うなよ。
ですが、母が知人に頼まれていた品を買う為に、やはり南大門市場には行こうと言う事になり、酔ってフラフラの私がガイドブックを片手に、「〇〇銀行って書いてある看板はどっち方面にある?」等姉に聞きながら進もうとしました。
が、そこでもまた重大な危機に遭遇するのです。



指揮を取る
私が一番
方向音痴




(激しく字余り)
地元でも迷子になる様な人間なので、当然の事ながら異国でも方向音痴振りを余すところなく発揮。
人選ミスも甚だしいですね。
しかもフラフラだったのも加わって地図が読めない、姉は何故私にガイドブックを持たせたのか、未だに良く解りません。


因みにこの辺りまではスーツケースを引きながらうろついていたのですが、重たかったので、近くにあった観光ステーション(そういうのがソウルにはいっぱいあります)で荷物をタダで預けられると聞いたロッテ百貨店へ向かい、受付に預けました。
ロッテ百貨店を利用する方へ向けたサービスだったのですが、荷物を預けた後はさっさとおさらば。
(最悪・笑)
到底南大門市場には辿り着けない事を認識した一行は、ミョンドンでのお買い物路線へ変更致しました。
このミョンドンと言うところは若者の街らしく、日本で言えば渋谷の様なところなんだそうです。
街の感じも韓国人の服装も殆ど日本と大差がないので、ハングル文字がなかったら外国と言う印象を受けないかもしれません。
(日本人観光客も多かったし)
ミョンドンへ来た頃には午後2時近く、空腹を覚えた一行は近くにあった食べ物屋さんへ。
入ったところは軽食程度の食べ物を中心に取り扱っているお店でした。
そこら辺にあった店に入ったのでメニューの文字は勿論ハングルオンリー・・・。
姉にどんなものがあるのかを聞き、ビビンバ・海苔巻き・トッポッキを注文してもらいました。
鉄のお箸(木の箸になれていると重たく感じます)とほぼ同時に出てきたのがキムチとか沢庵。
韓国の料理屋さんはサービスでキムチ等が出てくるんですよ。
(焼肉屋さんではサービスに相当するのがキムチや野菜)
で、そのキムチがなくなると店員さんが空いた皿にキムチを乗せてくれるんです。
実に素晴らしいサービスですが、こんな事をしていて商売上がったりにはならんのでしょうか
実に気前の良い国です。日本もこういうのだと良いのになぁ。
トッポッキや海苔巻き(日本のとは違うけどこれもまた激うま!)は携帯で写真に納めたので、今度一気にアップしたいと思います。
実においしゅうございました!


長くなったので今度こそ追記機能使います。

続きを読む
スポンサーサイト
旅行の話 | CM(0) | TB(0) 2006.03.06(Mon) 22:51

追記:韓国日記一日目

追記と言うか第二弾の形を取りましたKですこんにちは。
さてさて、長い長い韓国旅行の第一日目。


飛行機に乗るまでの間にも色々とあったのですが、丁寧に書いていたらいつまで経っても飛行機にさえ乗れないので割愛。
去年の5月に東京へ行った時には、飛行機の金属探知機に何度も引っ掛かり、最終的には体を丹念に触られると言う目に遭った私ですが、今回は無事に通過。
「またしこたま触られたらどうしよう・・・!」と思っていたので、心底ほっと致しました。
やったよママン!私金属探知機に勝ったよ!
(勝ち負けの問題ではありません)


今回の飛行機はアシアナ航空(韓国の航空会社です)を利用したのですが、やはり日本の航空会社が良いと痛感しました。



アシアナはごっさ揺れるよ。



東京へ行った時に使った飛行機はそこまで激しく揺れなかったので、乗り物酔いをしやすい体質である事をうっかり失念しておりました。
しかもこの日はアシアナを良く利用する母も、「ここまで揺れるのはちょっと珍しいね」と言うほどの当たり日。
アシアナは私に恨みでもあるんでしょうか。
激しく揺れだす前に機内食をもりもり食べ過ぎたせいもあり、不快指数は急上昇。
「良いから日本に帰してくれ、家に帰りたい」と、まだ韓国にも着いていないうちにホームシックに掛かる有様です。
せめて観光をしてからホームシックになろう。


気分を害しながらも、その何十分後かには韓国の仁川空港へ到着、入国審査も無事に通過。
姉や伯母はまだ入国審査が終わっておらず、母や父は早々に入国審査を済ませ、スーツケースを取りに行っておりました。
どちらへ行けば良いのか解らない私は、取り敢えずそこら辺に居たお姉様方についていく事に
「ん・・・?何か全然人気がないなぁ。お父さんとか何処に行ったんだろう」と思いつつウロウロしていたらば、入国審査を終えたばかりの姉の声が。



進行方向真逆でした。



家族で旅行に来て本当に良かったと思います。
一人だと何が起こるか解らんからな!
(本当にね)


今回はツアーの様に明確な行き先を決めていなかったので、南大門市場と、クォン・サンウ主演のドラマに出てくる喫茶店にでも行こうか?と言う事になり、一先ずソウルへ行く事に。
仁川空港から出ているリムジンバスに乗り込み、いざ出発!
・・・したのは良いんですが。
なめたらいけません、韓国人の運転。
凄いです、韓国人の運転。


何が凄いって運転の荒さが凄まじいんです。


姉から聞いてはいましたが、聞きしに勝る運転の荒さ!
度肝を抜かれます。
確かにあれだけ皆荒ければ、韓国の教習所で最初にやる急ブレーキの練習は大事でしょうよ。
日本のバスは揺れると言ってもそこまで酷くはありませんが、韓国のバスは酷い、本当に酷い!



人間がスーパーボールみたいに跳ねるんです。



嘘だろうと思うかもしれませんが、これマジな話ですよ!マジ!
車酔いとかバス酔いなんてレベルじゃなくて船酔いレベルなんですよ。
ただでさえ飛行機の揺れでグロッキー状態の時に乗ってしまったので、本気であの時は吐くかと思いました。
(これ以上乗ったら吐く!と言う風になる前に下りたんですよ)
いやー交通死亡事故世界一は伊達ではありません。
道路環境が悪いとは思えないし、車の性能だって決して悪くない。
とするとこれは韓国人の問題な訳ですが、みんなして切羽詰ってるんでしょうか。
それともみんな、運転すると人格が変わるのでしょうか。
取り敢えず韓国人は全員、運転する時に少しくらいはゆとりを持った方が良いと思います。



とまあ散々な韓国旅行の幕開けですが、次回以降は楽しい事書きますよ!
旅行の話 | CM(0) | TB(0) 2006.02.22(Wed) 17:34

韓国日記一日目

韓国旅行一日目について熱く熱く語ろうと思いますKですこんばんは。
一日目の日記だけでも相当長くなりそうな予感がします。
一日目と言ってもこの段階では空港の話がメインです。
韓国の話にいつになったら辿り着けるのかは予測出来ません。
(どんだけ長いんだ!)


今回は広島に住む伯母と、仕事の兄を除く家族全員で韓国へと行ってきました。
伯母とは広島空港で待ち合わせ、伯母は運転手のいとこのM兄ちゃんを連れて現れました。
M兄ちゃんと私は15歳ほど離れているので、ビール腹や高血圧を気にする中年でも全然おかしくないのですが、この人の若さが尋常じゃあないのですよ。
(30代後半なのに20代半ばに見えちゃうくらいの外見)
それに加え新しい物が大好きで携帯の新機種が出る度に買い換える様な一面もあり、以前電話した時に「三十路なんだけんいい加減落ち着きんさいや」と、うっかりKさんが諭しちゃうくらい内面も若いんですよ。
そんなM兄ちゃんに最後に会ったのは3年前、久しぶりに会ったM兄ちゃんは体重が落ちたせいか老け込んでましたが、それでもまだまだ年齢よりは随分下に見えるんです。



サイボーグかアンタは。



もしくはドモホルンリンクルでも使っているのか、あの若さが不思議です。
一緒に旅行に行く伯母とは6年ぶりに会ったのですが、ちょっと小さく感じました。
韓流ブームが到来して1年以上経っていると思うのですが、会えずにいた6年の間に、うちの伯母も韓流ドラマにのめり込んでおりました。
(母が今回の旅行に誘った理由も若干そこにある・笑)
しかも、強烈に。
伯母はクォン・サンウのファンなのですが、映画を何度も見に行ったとか、DVDを何度も借りたとか、DVDの何巻のどういうシーンが好きだとか、色々と語ってくれました。
勿論内容の大半は理解出来ませんでしたが。
韓流ドラマのDVDなんて一枚も借りた事ないのに理解出来る筈がない。
しかし、そんな私にも理解出来る物凄いエピソードをM兄ちゃんが語ってくれました。
「俺が事故って救急車で運ばれてんのに、救急車の中でドラマがきちんと録れてるかどうかの心配しとるんよ」




かけるべき言葉もありません。




伯母は「Mが元気そうだったけん」と言っていましたが、事故って救急車に運ばれておいて元気も何もないだろうと思うのは私だけでしょうか(笑)。
このエピソードで、私は伯母のクォン・サンウ愛がどれほどのものかを認識したのと同時に、M兄ちゃんを心から気の毒に思いましたとさ。
長くなったので続きはまた後日、追記で書きます!
旅行の話 | CM(1) | TB(0) 2006.02.20(Mon) 21:59

韓国日記!

日記の為に!と思いメモとペンを持って韓国へ渡りましたが全く使わず、無駄な荷物を増やしただけでしたKですこんばんは。
何の為に持って行ったのか・・・。
(本当に)
後日と言いつつ忘れぬうちに書いておかねば!と思いパソを起動。
文章を纏めるほど頭が働かないので、箇条書きメモだけを投下して今日は終わりたいと思います。


一日目
・行きの飛行機が結構揺れて酔う
・機内食をモリモリ食す
・仁川空港おっきいなぁ
・大きさのあまり、迷子になるところだった
・日本円のレートまた下がってんのかよ!
・右車線・車線の多さ・左ハンドルと交通環境はアメリカチック
・聞きしに勝る、韓国人の運転の荒さにビビる
・急発進・急な車線変更・クラクションも朝飯前
・バスで船酔いを体験、顔面蒼白になる
・ソウルはビルが沢山あるなぁ、都会だなぁ
・ミョンドンでお買い物
・物価はやっぱり安い
・これで日本円のレートが下がってなけりゃあ・・・
・韓流ブームに便乗したお店ばかりで、ブームを実感
・空港やらお店やら、ソウル近辺は日本語が沢山表記されてるねぇ
・が、ニアミス多数
・ツメが甘いのか、それとも間違いなんてどうでも良いのか
・韓国料理のおいしさに、いつになく食が進む
・地下鉄にクォン・サンウ、携帯のCMにクォン・サンウ
・姉から聞いた、ビョンホンの顔がプリントされた靴下を発見!
・そしてそれを私の誕生日プレゼントに買っていた姉
・姉の大学のある、チョナンに地下鉄+バスで行く
・姉は田舎と言っていたが、Kさん基準ではバリバリの都会だった
・ホテルのおばさんがめちゃくちゃ良い人でまけて貰った
・晩御飯の鶏肉の焼肉で良いのかな、あれがめちゃウマー!
・食後、31の様なアイス屋さん(名前失念)へ行く。これもウマウマ
・オンドル(床暖房)って素晴らしい


一日目にして殆ど食い物の話になってますが、今回グルメツアーぽかったです。
二日目以降は順次かいてきまーす。
旅行の話 | CM(2) | TB(0) 2006.02.20(Mon) 18:29
copyright © Organic Compound跡地 all rights reserved.

プロフィール

K

Author:K
言っている事はほぼおっさんですが、かろうじて若者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。